アジマティクス

ここをこうするとおもしろい

人が壁を押すリンク機構を数式で作った

先日、こんなツイートを見かけました。

はぇー面白い

人間なんてどんだけ威張ってもしょせん回転してるだけなんやな...という気分にさせてくれます。

こういう歯車とかジョイントとか関節とかでできた機械のことを「リンク機構」と言うそうです。なんとなく、子供心を刺激されるものがあります。これが家にあったら寝食を忘れて回し続けてしまうことでしょう。

ていうかこれ数式で表現できそうやん! ワイも作ってみたいぞ!

作った

作りました。

f:id:motcho:20161025151409g:plain

続きを読む

(n-1)²+n²とn²+(n+1)²がともに素数のときnは5の倍数

心の健康のために定期的に整数問題を解いておきましょう。

こないだは京都大学の入試問題を「あまりによって場合分けする」ことで解きました(京大理系数学の入試問題(2016)が面白いらしい - アジマティクス)。たのしかったです。

今回の問題はこれです。ツイッターより。

続きを読む

かかってこいや!「1=2の証明」

1=2です。アンサイクロペディアにもそう書いてあります。

1=2 - アンサイクロペディア

内容はタイトルの通り、「12は等しい」ということをあの手この手で証明してみた記事なのですが、それにしてもこの記事が面白いのです。もちろん、数学的には一つ残らず間違っているわけですが、「どこが、なぜ間違っているのか」を考えるととても勉強になるような項目もあって、間違いだからといって簡単には見過ごせません。

よっしゃ! だったら片っ端から間違いを指摘してやる! かかってこいや!

タイプに分類

間違いはいくつかのタイプに分類されるように見えます。ひとまず記事に書かれている順番通りに見ていきましょう。

続きを読む